ピースボートでは観光旅行にはない経験を得られます

ピースボートの広告を、町中でふと見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。ポスターの中には「地球一周旅行の船旅」と銘打たれて人目を惹きますが、現地の人々と交流を深めることを目的としている国際的な地位を持つNGO団体です。かつてはアジア各国のみでしたが、やがて世界各国へと範囲を広げたという経緯を持っています。通常のツアー旅行では観光客が喜ぶような町や観光地、世界遺産などを見て回るだけですが、ピースボートの場合は現地の人々の営みを感じられる場所に着目して訪問しています。一般の家庭や学校、更には難民問題に苛まれている難民キャンプや、そういった人々が暮らす町などですので、日本国内ではメディアを通じて垣間見ることしかできない「現実」を目の当たりにすることができます。例えば地雷問題や貧困問題など、理解はしているけれども実際にどのような問題を抱え、対策を行っているのかという話を現地で聴講することができ、特に若い世代が国際問題について深く考えるきっかけを得られるとして、多く人が参加をしています。

参加者は二十代から六十代までと幅広いので、どうしても狭くなりがちな視野を広げるための機会に恵まれている環境です。船の中でも定期的なイベントが行われています。更には運営者がセッティングするだけに留まらず。参加者は自由にイベントなどを開催することができ、年齢層を限定した運動をしたり、反対に老若男女を問わずに賑やかに楽しむ演奏会や水彩画教室を開いたりと、何でも好きなことを企画し交流を深めています。また、船内で英会話のレッスンや、寄港先の文化を学ぶための講座を開いているため、船が移動している間も学習し続けることが可能となっています。船旅というと羽を伸ばしてのんびりとするイメージがつきものですが、このピースボートの旅であれば留学しているかのように語学経験を積めるのです。沢山の場所へ行ってみたい、あるいは外国留学では不安があるという人にも人気な理由となっています。

一方、折角海外に行くのであれば観光も楽しみたいという人や、あまり長期間に渡っての旅行はできないという人もいることでしょう。ピースボートの場合は、きちんとそう言った人が満足できるプランもあります。例えば、北欧の観光名所を回る旅行や、中韓の二国へと赴くショートクルーズなどがおすすめです。乗船する船舶には立派なレストラン、バー、プール、スポーツ施設などが完備されているので、異国情緒の溢れる多国籍なスタッフの中で、旅情気分を味わいつつ遊ぶことができます。特に長い船旅となると運動不足の心配がつきまといますが、健康管理をサポートしてくれる医療スタッフなども乗船しているので、高齢者の方でも安心でしょう。また、食事については和洋折衷を織り交ぜたものの他、和食なども提供されるので、長旅での食生活に不安を覚える心配はありません。

更に、ピースボートならではのプランもあります。例えば、学校などにうまくなじめない子供が通うフリースクールを、船の上で開催しています。ピースボートグローバルスクールと呼ばれるプランで、船内で同じような子供たちと行うイベントやワークショップの他、現地での交流など広い視野を身に付けられる機会が沢山設けられているのです。その他、親子三世代に渡って参加するプランや、国際関係について深く学びたいと思っている大学生に向いたプランなど、教育や学習というテーマに特化しているものが多いという特徴があります。若い世代に世界を検分し、これからの世の中に役立てて欲しいという考え方がピースボートという団体の根幹にあり、余暇を楽しむだけの旅行とは一味違ったサービスが多い理由となっているのです。

株式会社ジャパングレイス
http://www.japangrace.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. 2020年の東京オリンピック開催に際して、サービスを提供する組織とそこで働く多くの職員とボランティア…
  2. 前回の記事では、トルマリン石の効能や歴史についてお話しいたしました。今回は今話題で人気沸騰中のトルマ…
  3. FANTAS technology株式会社とはどのような企業?FANTAS technology株式…
ページ上部へ戻る