矢口敏和が眩しい理由

矢口敏和と接すると、彼の事を眩しいと思う人がとても多いのが頷けます。眩しい理由は存在感です。矢口敏和は40代ですが、40代には見えません。外見だけではなく内面もとても若く、いろいろな事に対して貪欲です。地元の埼玉で、最近ではボルダリングにハマっているようです。ボルダリングは頭と体を使ったスポーツで、本人も若さを保つ秘訣だと感じています。そして、ボルダリングだけではなく、学生時代から乗馬をたしなんでいた彼は常にアグレッシブでアクティブです。

いろいろな物に興味を持ち、常にチャレンジ精神を持っているからこそ若々しさを保っている、とは本人の弁です。さらに、中年太りとは無縁の体型を見ると、若々しさと共にどのような生活を送っているのかを垣間見る事が出来ます。年齢と共にお腹のぽっこり具合いがどうしても目立って行くものですが、矢口敏和にとっては、そもそも中年という言葉そのものが無縁です。

今はボルダリングにハマっているというだけであって、常に自分に刺激をもたらしてくれるものを探しているのが現在の彼の心境です。実際、ボルダリングに慣れてきたので今度はロッククライミングにチャレンジしたいと思っているようです。新しくロッククライミングにチャレンジしたいと思う40代などそうそういません。

むしろ、ロッククライミングはボルダリングのように人工の物ではなく、自然を相手にするものです。必ずしも答えが用意されているものではなく、自分の限界と向き合いながら登っていかなければならないのです。ロッククライミングだけに向き合える環境の人でさえ大変なのに、普段は仕事をこなしつつ、いずれはロッククライミングにという思いを抱けるのは、それだけ彼がアグレッシブだからに他なりません。

そのような姿を見ていると、矢口敏和が眩しく感じるのも当然です。世の40代と言えば、どうしても仕事ありきになってしまってプライベート面を疎かにしてしまいがちです。仕事で頑張る事が家族や自分のためになる年代だという事を分かっているので、必死に仕事にまい進しているがために、ついついプライベートを怠ってしまいがちなのですが、彼は仕事とプライベートの両方を充実させているからこそ多くの人から眩しいと感じられているのです。その理由は公私共に充実しているからです。矢口敏和を見て眩しいと思うことはある意味では当たり前であり、誰もが矢口敏和のような存在に憧れるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 2020年の東京オリンピック開催に際して、サービスを提供する組織とそこで働く多くの職員とボランティア…
  2. 前回の記事では、トルマリン石の効能や歴史についてお話しいたしました。今回は今話題で人気沸騰中のトルマ…
  3. FANTAS technology株式会社とはどのような企業?FANTAS technology株式…
ページ上部へ戻る