誰からも愛される八ツ田和夫先生

親しみやすい塾講師

八ツ田和夫先生は塾講師をしています。
彼との出会いは中学生の頃でした。塾を通い始めたときに八ツ田和夫先生が担当してくれたのです。どこかおちゃらけた感じで、授業が始まっても最初の30分は雑談をする人なので、一見するとダメな先生な感じです。

でも、彼は本当にすごい先生なのです。雑談をするのは、子供とコミュニケーションを取り、信頼を深めるためなのです。おちゃらけた感じも親しみやすいようにあえてそうしてるみたいです。
彼は言っていました。どんなに頭が良い人でも生徒と信頼がなければ、失敗すると。
生徒と親しくなることで、相手の勉強の苦手な部分を正確に知ることができるそうです。また、生徒自身も話しやすい先生だと、勉強のモチベーションが上がるみたいです。

八ツ田和夫先生は、ただ一方的に勉強を教えるのではなくて、頑張っている生徒の背中をそっと押してくれるような心優しい人です。
保護者の方からすると、生徒と仲良くしている先生よりも、雑談せずにずっと勉強を教えてくれる先生の方が良いと思うかもしれません。ですが、それでも生徒の成績を上げる八ツ田和夫先生は、腕のある人です。雑談の時間は楽しく、勉強の時間は真面目に、としっかり使い分けているのが結果につながっているようです。

彼のその人柄に惹かれた生徒たちはいっぱいいます。子供から信頼される塾講師は今日も生徒のために貢献しているはずです。

魚の知識なら誰にも負けない

塾講師の八ツ田和夫先生が趣味としているのは魚の鑑賞です。休日になると水族館に足を運んだり、釣りをしたりするなど心から魚が好きなのです。

彼は家でもたくさんの熱帯魚を飼っています。グッピーやウーパールーパー、エンゼルフィッシュなどです。
一人暮らしなので、全部の水槽を管理するのは大変だと言っていました。それでも、魚の数を増やしたいらしく、いずれは古代魚を飼育してみたいそうです。

なぜ八ツ田和夫先生が魚を好きになったのかというと、鑑賞しているだけで癒されるからです。魚のゆっくりと泳いでいるところを見ると心が和み、疲れが取れるそうです。小学生の頃も、テストで良い点数が取れないときは、教室で飼育していた魚を眺めて、元気をもらっていたみたいです。

八ツ田和夫先生が塾講師になったときも、魚の知識などを子供に教えたくて、うずうずしていたそうです。もちろん、授業での時間は生徒のことが優先なので、魚の話はしません。でも、授業の時間以外の時になると、魚のウンチクを自慢げに話しています。好奇心が旺盛な子供たちも、誰も教えてくれない魚の話をしてくれて喜んでいます。
そこも八ツ田和夫先生の魅力であるといえます。

彼は将来、生物の先生を目指しています。塾講師をしていて、子供から愛される彼なら、きっと夢を叶えるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 2020年の東京オリンピック開催に際して、サービスを提供する組織とそこで働く多くの職員とボランティア…
  2. 前回の記事では、トルマリン石の効能や歴史についてお話しいたしました。今回は今話題で人気沸騰中のトルマ…
  3. FANTAS technology株式会社とはどのような企業?FANTAS technology株式…
ページ上部へ戻る