村上悦栄が目指している議会の取り組み

東京都練馬区出身の区議会自由民主党副幹事長として活躍している村上悦栄は、近年さらに活躍の場を広げています。議会運営委員会や企画総務委員会などに所属していて、その他医療高齢者等特別委員会、財産価格審議会、土地開発公社評議員会などにも所属しています。それらの拠点から地域に貢献するために努力していて、近年も活動内容は練馬区の北町を中心としています。村上悦栄は、もともと練馬区の北町で生まれ育った人物ということもあり、この地域に対する思い入れはとても強い人物となっています。平成元年には地域商店街の会長として、様々なイベントなどにも尽力してきたという功績があり、特に代表的なイベントである「きたまち阿波おどり」は、今では非常に人気のあるイベントに成長してきています。それによって、街全体のイメージが明るくなり、地域活性化に繋がったことは言うまでもありません。

その他、練馬区には陸上自衛隊練馬駐屯地があるため、それらの自衛隊との交流も進めることも積極的に行っています。更に、小学校や中学校などの教育機関を通して、家族との触れ合いも積極的に進めています。地域活動に力を入れている人物であるだけに、地域からの信頼も厚くなっているのは評価するべきポイントの一つだと言えるでしょう。特に、これからの地域貢献としては、福祉なども進めているのが特徴となっています。練馬区では地域福祉の向上を目指して、NPO北町大家族を創設し、さらには高齢者施策いきがいデイサービスなども提供しているのが特徴となっています。地域への貢献を行うために、それぞれ福祉の面からも積極的にサポートしているのが特徴となっていて、それが地域の方からの評価にも繋がっているのです。実際に多くの方が村上悦栄の活躍には注目していて、確実な評価に繋がっています。地域住民の方でなければわかりにくいかもしれませんが、練馬区を良くするために着実に歩を進めているのが村上悦栄なのです。

これからも練馬区を中心に活動していく人物だと言えるのが村上悦栄なので、その活動内容にも注目しておきたいところです。まだまだ問題は山積みですし、解決しなければならないこともあります。それをどのように処理して、どのように対処していくのかについては、今後も考えていくべきことだと言えます。特に練馬区という地域に限定して活動している人物だけに、今後はよりコアな政策が必要となる一方で、地域の人との交流や意見交換が必要となるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 2020年の東京オリンピック開催に際して、サービスを提供する組織とそこで働く多くの職員とボランティア…
  2. 前回の記事では、トルマリン石の効能や歴史についてお話しいたしました。今回は今話題で人気沸騰中のトルマ…
  3. FANTAS technology株式会社とはどのような企業?FANTAS technology株式…
ページ上部へ戻る