大協広告は新時代のブライダルを提案する広告会社です

大協広告は、ブライダル業界のみをターゲットとした広告会社です。単なる広告、宣伝活動のみにとどまらず、大協広告と、他の出版社とのタイアップ等を通じて、価値観の多様化している現代社会において、個々のブライダル関連企業が、お客様の持っている様々な理想像に、より近いブライダルプランを提案すべく、フリーペーパーや、カタログ作成、ウェディングドレスの新規ブランド立ち上げ等、様々な形で協力できる会社です。
大協広告には、ブライダル及び新生活関連のブランドとも深く長い付き合いがあり、創立以来、45年間、多様なメディアデータを完備しております。そのうえで、常に変化し続ける言わば「ブライダル観」に、敏感に対応して行こうという姿勢が見られます。
大協広告は、現代の結婚式に対する認識が時代の経過とともに変化、変質しているということを踏まえ、そこに尚変わらない結婚式の本質というものを捉えて、その上で提案しうるプランを模索し続けています。具体的には、規模や費用、年齢というものが、以前は「結婚式」といえばそれほど大きな差はなかったものが、現代では、かなり強く「二極化」の様相を呈しております。大規模な結婚式がしたい、あるいは家族だけで小ぢんまりとやりたい、高価なホテルを借り切ってやりたい、レストランなどで安価にまとめたい。年齢も、20代の若年層から、晩婚と言える年齢と、これも二極化(多極化)しております。それぞれのニーズにどのように応えていくべきか、それは単なる販促や宣伝という枠を超えて、ブライダルマーケットに対する新提案とでもいうべきものを、大協広告が提案しようとしているともいえるでしょう。

当然のことともいえるかもしれませんが、大協広告は、このような経営指針を持っている会社ですから、ブライダルマーケット以外にも、タウン誌系フリーペーパーの発行に携わった実績もあります。また、結婚を控えた、特定年齢層の女性たちのこだわりのライフスタイルに焦点を当てたフリーペーパーの製作も手掛けています。これらの幅広い「広告活動」を通じて、これらの誌面に接した人々が、より自分の結婚観に現実味を持たせるという活動も行っています。現代は、物質が飽和してしまったが故に、物質的な満足がそのままその個人の満足に繋がるとは限らなくなってしまいましたが、大協広告はそのような世の中にあって結婚という、人生の中で起こっていく変わらない出来事と、変わっていく結婚式の在り様とを真摯に見つめて、それぞれの個人にとって、より満たされた、豊かな結婚式を提案すべく、努力を続けている会社と言えるでしょう。

大協広告株式会社
http://www.daikyo-ad.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. 2020年の東京オリンピック開催に際して、サービスを提供する組織とそこで働く多くの職員とボランティア…
  2. 前回の記事では、トルマリン石の効能や歴史についてお話しいたしました。今回は今話題で人気沸騰中のトルマ…
  3. FANTAS technology株式会社とはどのような企業?FANTAS technology株式…
ページ上部へ戻る